北村正裕アート空間 >


歌詞のページ

このページでは北村正裕自作曲のいくつかの歌詞を紹介します。

アルバム「宝石の作り方」収録曲歌詞のページ

「全然オッケー」歌詞について

 

夕焼け雲

夕焼け雲に 魚を描いたら
憧れの国へ 泳いで行くのかな
流れ星に 首飾りかけたら
夢の国まで 届けてくれるかな

風が流れ 星がゆれて
明日 君に会えるかな

(09年3月5日ライブハウスでの弾き語りライブで初披露、北村正裕作曲、09年5月31日HPに詩掲載。2011年8月25日のライブ音源を、11年10月14日に、本サイトの音源のページで公開)


宝石の作り方

宝石の作り方を 教えてあげよう
夕暮れの公園の 誰もいない隅で
きらめく王女さま その涙のかけら
僕の夢の数だけ捜しておくれ

君は迷子の子猫だから
夜の公園で
涙のかけらのあかり
きっと見えるはずさ

涙を集めたら 特別な糸で
かけらをつなげれば 宝石に輝く
その糸のありか 教えてあげよう
僕の心の中をのぞいておくれ

心の傷とか言うらしいけど
流れ星のような糸で
涙のかけらのあかり
君にだけつなげるはずさ

君は迷子の子猫だから
夜の公園で
僕の心のかけら
君にだけ見えるはずさ

(09年7月16日ライブハウスでの弾き語りライブで初披露、北村正裕作曲、09年7月29日HPに詩掲載、14年10月6日、14年8月23日ライブの音源公開、15年12月18日本サイトでの音源公開終了)



二人乗りの気球

もし僕が広い空を飛ぼうと
気球を作るなら 二人乗りの気球だろう
赤い風船の下に 小さなかご
僕の隣には そう 君が乗るんだ
君の白い指が 僕の磁石
それから 空の地図
そう それだけでいいんだ
二人で空を飛ぶんだ
青く澄んだ自由な空へ
小鳥たちよりも高く
あの森を越えて行こう
二人 夢の中
もうすぐ 雲の上
君の家が見える 広い丘のふもと

もし僕が広い海に出ようと
小船を作るなら 二人乗りの小船だろう
白い帆の下に 小さなボート
僕の隣には そう 君が乗るんだ
君は指丸めて 僕の望遠鏡
それから 海の地図
そう それだけでいいんだ
二人で海を渡るんだ
青く澄んだ自由な海へ
魚たちよりも速く
あの島を越えて行こう
二人 夢の中
もうすぐ 南の島
白い雲が見える 遠い島の上

(北村正裕詩集「夜汽車の憧れ」より、作詞・作曲=1980年10月)
*この曲のキーはD(ニ長調)です。
北村正裕詩集「夜汽車の憧れ」には「二人乗りの気球」の移調された楽譜も収録されています。
*2010年3月23日のライブハウスKAKADOでのライブ音源をMP3ファイルにしてみました(10. 4. 3HP掲載)

*2014年4月コンピレーションアルバム「SOUNDJAM 2014」(indiesJAMレーベル)に楽曲収録され、全国発売、また、iTunes等で150円で配信開始。iTnes等での配信音源は、2010年3月23日のライブ音源ですが、本サイトで公開しているものと比べて、マスタリングによるノイズ除去や音量調整で音質が良くなっていまるので、是非、聴き比べてください。
配信ページリンク
ライブ音源
「二人乗りの気球」コード進行(PDF)

→「二人乗りの気球」楽譜(PDF)



乙女座の女の子

きらきらと涙のように光る
あれは夜空の流れ星?
笑顔の似合う君だから
あれは涙なんかじゃない

あれは君の星
そう 乙女座の女の子
夢見るように 空を飛びはね
空を飛びはね
僕の夢で遊んでる

僕が鬼ごっこをやめたから
君はかくれんぼを始めたの?
僕が捜しにいかないから
ずっと隠れているつもりなの?

そんならいいさ
そのままそこにいればいい
君は逃げられない なぜってそこは
なぜってそこは
僕の心の中だから

(09年9月作詞・作曲、2010年3月23日ライブハウスでの弾き語りライブで初披露、10年4月4日HPに詩掲載、同時にライブ音源公開)



君が教えてくれた道

もしもあの道を歩いていったなら
春には野辺の隅にすみれの花が咲いていたかな?
菜の花畑に白い蝶が舞い
秋には庭の赤い実を鳥がついばんでいたかな?

そして君によく似た小さな花を
僕は大切に育てていたかもしれないね
君がそっと教えてくれた道だったけど
僕にはまぶしすぎて見えなかったんだ

もしもあの道を歩いていったなら
あのビルのあかりもこんなに悲しくはなかったろうね
こんな歌を歌ったら君は僕を叱るかな?
そうしたら また僕は やっぱり逃げ出していたかな?

そして君がいたこの町を
僕は だから ひとりで歩いているんだね
君がそっと教えてくれた道だったけど
僕にはまぶしすぎて見えなかったんだ

(09年10月〜11月作詞・作曲、2010年3月23日ライブハウスでの弾き語りライブで初披露、10年4月4日HPに詩掲載、同時にライブ音源公開)


全然オッケー

何故 泣いてるの?
銀のうさぎが 見つからないの?
森の中にもいないの?

何故 泣いてるの?
夕焼けの湖 水辺回っても
どこにもいないの?

何故 泣いてるの?
空の向こうの ネバーランドへの
飛び方 わからないの?

問題ない!
全然オッケー!
明日 僕の 模型飛行機が完成さ
それで 君を乗せて
魔女のほうきよりも 強力飛行!
オッケー!

何故 泣いてるの?
僕の飛行機が 信用できないの?
飛ぶのが 怖いの?

確かに 昔の 旧式一号は
湖に飛び込んで 君もびしょぬれ

だけど 今度の 新型飛行機は
最強エンジンで 星さえ飛び越す!

問題ない!
全然オッケー!
あの日 君が 僕をひっぱたいた
君を怒らせた 魔法のほうきさ!
それが 僕の 最強エンジン!
オッケー!

問題ない!
全然オッケー!
もしも飛行機が 空中爆発しても
このほうきで 海を越えて
君の操縦で 夢を乗せて 行こう!
飛んで行こう!

(10年8月作詞・作曲、2010年12月14日ライブハウスでの弾き語りライブで初披露、11年1月1日HPに詩掲載、同時にライブ音源公開)


波の声がやさしすぎて

波の声がやさしすぎて うまく眠れないから
涙色のクレヨンで 隠してしまおう
月明かりを消して 黒いベールのように
海の魚たちも 迷うかな

ああ だけど 空の星のまなざし
ああ 僕の心に ああ 降り注いでる
僕の声も君に きこえるかな

世界中の鳥や 船の汽笛の声も
青い僕の絵の具で 隠してしまおう

(2011年2月作詞・作曲、2011年3月22日、ライブハウスでのライブで初披露。11年6月12日、本サイトに歌詞掲載。同時に、音源のページで、11年3月22日ライブ音源公開、12年3月27日に12年3月22日のライブ音源公開、同時に、古い音源の公開終了)


猫と金魚

きれいな鈴と 君の絵を描いたのに
なんだか猫みたいって 君が言う
だって しかたないんだ あの猫のやつが
ちょうど 目の前を 横切ったんだもん
おまけに 大きく描いたから
画用紙からはみ出して 空へ飛んでった
ごろごろ のどを鳴らし かみなり様になるのかな?

きれいな鈴と 君の絵を描いたのに
なんだか金魚みたいって 君が言う
だって しかたないんだ あの金魚のやつが
ちょうど 目の前を 横切ったんだもん
おまけに 大きく描いたから
画用紙からはみ出して 空へ飛んでった
風鈴の音 響かせて 夕焼け雲になるのかな?

僕の金魚を 猫が追いかけて
食べちゃおうとしたから 僕が先に飲み込んだ
そうしたら 猫のやつ 口から飛び込んできて
僕のからだの中で 金魚を追いかけまわす
鈴の音 響かせて 猫と金魚が
ぐるぐるかけまわり もう 誰にも止められない
僕の心の中は 鈴の声でいっぱいだ!

(2011年9月作詞・作曲、20121年3月22日、ライブハウスでのライブで初披露。12年3月27日に、本サイトに歌詞掲載。同時に、音源のページで、12年3月22日ライブ音源公開)



悲しみの精の歌

砂漠の夜空に滑る
涙色の流れ星がなつかしいのは
夢の中の旅人の憧れが
思い出の国をさまようから

月夜の国の木漏れ日の森の
憧れ色のともしびが悲しいのは
砂漠の夜汽車の思い出が
浜辺の少女の国を目指すから

心の声を聴いて
あなたの時を抱きしめて
天の振り子が揺れて
今 あたなの時が動き出す

思い出の旅人よ 憧れの国へ
夢の少年よ ガラスのともしびへ
私は悲しみの精 私は悲しみの精
今 あたなの時が動き出す

(1996年に執筆し、1999年にホームページで公開し、2013年1月に電子出版(kindle版)した童話「何もない遊園地」の中で「悲しみの精」が歌う歌(詩)に、2013年10月に曲をつけたもの。2013年12月15日ライブハウスでの弾き語りライブで披露。2014年2月6日、本サイトに詩掲載。同時に、音源のページで、2013年12月15日ライブ音源掲載を公開。先に完成させた詩に、一字一句変えずに曲をつけたもので、そのためか、曲と詞が同時に作られたほかの曲とはかなり感じが違ったものになっていたと思います。さらに、悲しみの精は女性なので、歌も、本来は女声向きだと思われるところ、ライブハウスで自分自身で歌いましたが、この点でもほかの歌とは感じが違っていて当然かもしれません。なお、童話「何もない遊園地」については、HP(ナンセンスの部屋)の中の著書紹介のページをご参照いただければさいわいです)



レイナ

おいで レイナ 憧れ色の雲は
波のハミング 風のささやき

遊ぼう レイナ フレア色の雲は
川のさざ波 魚のほほ笑み

それでも峰は 雲の向こうの
白い海原へと続き
旅人は峠で手をあげる

さよなら レイナ たそがれ色の雲は
空の妖精の 淡い幻

虹色の輝きを 残して行く

(1993年12月に作詩し、1995年5月に出版した私家版詩集「夜汽車の憧れ」に収録した詩に、2013年12月に修正を加えて作曲したもの。2013年8月25日ライブハウスでの弾き語りライブで初披露。2014年2月6日、本サイトに歌詞掲載。同時に、音源のページで、2013年12月15日ライブ音源を公開。2014年8月20日に、2013年の音源公開を終了し、2014年7月10日のライブ音源を公開)



また会おうね

今日はありがとう
きっと また 会おうね
今日はとても楽しかった
君といっしょだったから

いつまでも このままでいたい
君と ふたりで
だけど きっと また 会えるね
今夜もきっと夢で会えるよ

生まれ変わっても
僕は また 君と会いたい

(09年6月作詞・作曲、2010年3月23日ライブハウスでの弾き語りライブで初披露、11年1月1日HPに詩掲載、同時に10年12月14日のライブ音源公開、12年3月27日に12年3月22日のライブ音源公開、同時に、古い音源の公開終了、なお、この曲は、1980年作詞・作曲の「またあした」を改作したものです)


音源公開のページ


北村正裕アート空間(トップ)